生命保険が必要な人 必要ではない人

生命保険 が必要な人 必要でない人

生命保険に何となく入っている人っていますよね

社会人になったから
友人に勧められたから

保険料は、人生に2番目に大きな買い物

生命保険文化センターの平成27年度「生命保険に関する全国実態調査」によると、2人以上住んでいる一世帯あたりの生命保険年間払込保険料の平均は38.5万円だそうです。

これは、ひと月に約3.2万円が保険料として払っていることになります。

仮に30歳男性の世帯主が80歳まで支払うと仮定すると、

38.5万円×50年間で1925万円という計算になります。

この金額を高いと思うか?安いと思うか?

保険に入る必要がある人

万が一の事態が起きた時に困る人です。

万が一 死亡した時 →死亡保障
万が一 ガンや病気になった時→がん保険 医療保険
万が一 働けなくなった時→収入保障保険
万が一 介護状態になった時→介護保険

死亡保障が必要な人は、万が一亡くなった場合 残された遺族が困る人です。

死亡保障の必要補償額

遺族の生活費+子供の教育費+葬式費用 ▲ 貯金額 +死亡退職金+遺族年金

死亡保障の裏技 不動産購入して団体信用生命保険加入で住居費がゼロに

死亡保険に加入している人は、不動産を購入時に保障料の見直しは必須です。

 

逆に万が一の時に困らない人は、保険は必要ありません。

独身で、養う人がいない場合は死亡保証は必要ないと思います。

医療保険も、ある程度 貯金のある人は高額療養費制度 があるので実質の自己負担は貯金で賄えます。

保険には、終身保険 定期保険 掛捨 貯蓄型 など色々あります。

必要な保障額や期間は人それぞれ違います。

一番は重要なのは、自分の現在と未来のライフプランを設計して

それに足りない部分を保険や投資で補う事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気ブログランキング

お問い合わせ ご相談はこちら  

関連記事

  1. 生命保険について、あなたが知っておくべき事!

  2. がん保険って必要なの?

  3. 三大疾病 保険会社によって違う事 知ってますか?

  4. 生命保険サービス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

ランキング 応援クリックお願いします

お問い合わせ ご相談はこちら

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう