ほったらかしで出来る1億円の作り方の雑誌を買った結果

ほったらかしで出来る1億円の作り方

勉強の為 こんな雑誌を買ってみたけど

なぜ1億円なのか?

老後資金 1億円必要

2017年の総務省の家計調査 夫婦2人の老後生活費

夫婦2人で暮らすには、平均 約26万円

26万円×12ヶ月×(30年 90歳▲60歳)=9,360万円 で約1億円です。

ここで注目する点は、住居費 13,656円 です。

老後の住居は、ほとんどの人が不動産購入して、定年までに住宅ローンを完済して

固定資産税などなのでこれだけ低いのです。

俺は(私は)一生賃貸派!! という人は都内のワンルームでも6万くらいはするので

賃貸派の人は 5万円×30年分=1800万円 余計に準備する必要がありますね

1億円の半分以上は年金

この雑誌の6480万円は、

旦那の年収 500万円 妻 年収100万円の家庭での年金額 18万円

18万円×12ヶ月×30年=6480万円です。

注意:これは現在の数字なので今後 少子高齢化に伴い年金受給額が3割程度目減りする可能性もあります。

足りない分はどうするの?

定年までに1億円から年金受給額を引いた3520万円 (退職金が貰える場合 1364万円)準備する必要がある。

3520万円を40歳から25年 貯金だけだと毎月 11.7万円貯金する必要があります。

ちなみに賃貸派の人は、さらに1800万円 余計に貯金する必要があります。

賃貸派は、毎月 17.7万円 貯金する必要があります。

そんなに貯金出来ますか??

貯金より投資での運用がカギ

将来必要な金額を 毎月 いくら 複利 何%で積立したらいいかは

積立金額計算 で計算出来ます。

日本で普通に投資をすると、20%の税金が引かれますので

iDecoやNISAを活用する方法がありますが、上限金額があります。

投資の税金がかからない国 オフショアの国で投資をすれば

投資の税金が非課税です。

オフショア積立投資についてはこちら

この雑誌の裏技 結局 老後も働け!! そして不動産資産の活用

リバースモーゲージ 不動産担保にして老後資金を借りる事

リバースモーゲージ について詳しくはこちら

ここでも、住居費は不動産を所有している事が前提です。

投資の相談に銀行や証券会社に行ってはダメ

経済評論家の山崎先生の本の中にこんな一面がありました。

私達 初心者です と相談に行けば赤ずきんちゃんが狼に相談に行く様なもの

金融機関は、手数料の高い 商品を売る事が仕事です。

自分では購入出来ないものを人に紹介しているのです。

任せられる人に任せるのか

自分で勉強して運用する事が重要です。

投資に関して、私は信頼出来る会社があります

社長自らが投資家で自分でやっている投資商品だけを紹介しています。

いつでもお問い合わせください

 

 

人気ブログランキング

お問い合わせ ご相談はこちら  

関連記事

  1. まとまったお金があったら投資を始めると言う人

  2. 「円はもう安全資産ではない」

  3. 脱皮出来ない蛇は滅びる

  4. 投資しながら Tポイントや楽天ポイントが貯まる

  5. 投資って具体的に何なの??

  6. 海外長期積立投資プラン

  7. 政府が年金など公助の限界を認めた!!

  8. RL360-Investors Trust

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

ランキング 応援クリックお願いします

お問い合わせ ご相談はこちら

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう