火災保険と家財保険の違い分かってますか?

火災保険と家財保険の違い

かさいとかざい 一文字違いで全然違う
火災保険

火災保険とは、建物家財 全体に対する損失を補償されます。

家財保険

家財保険は、火災保険の一部 家財(テレビやPCなど)に対する補償になります。

不動産を購入した時は火災保険
不動産を借りた時は家財保険

保険って、そもそも何の為に入ると思いますか?

結局は、自分の為です。

●自分の建物が焼けてしまったから、建て直す為に火災保険に加入する
●自分の家財(家具家電など)が壊れてしまったから、購入する為に家財保険に加入する
●借りている部屋を失火して、大家(所有者)に賠償する為に借家人賠償責任保険に加入する
●水漏れで、下の階の人に迷惑をかけてしまい、賠償する為に個人賠償責任保険に加入する

不動産屋に言われた火災保険に入らないといけない?

購入の場合 売主や銀行の紐付きの代理店に加入して欲しい とか条件あったりしまう

賃貸の場合も管理会社が保険代理店をしていて、この保険に加入して下さい。と説明されます。

賃貸の家財保険の場合はある程度パック商品になっている事があります。

火災保険の募集をするには損害保険の代理店にならないといけません。

私も損害保険の代理店にならないかと話があった事がありますが

ノルマが厳しいのです。

年間400万円 月約30万円です。

1人でやる場合 毎月木造の戸建てを1件売買しないと達成出来ません。

賃貸だと1件2万円弱ですので月15件でも足りないので週に4〜5件の契約になるので

今は友人の代理店とパートナーとして紹介しています。

火災保険もご相談ください。

私は保険に関しては、生命保険だけですが火災保険の知識もそれなりにあります。

先日も、賃貸でシェアハウスを運営している友人が火災保険 1年で〇〇万円払っていると言っており、契約内容を見せてもらったのですが

建物の火災保険 5000万円に〇〇万円の保険料

家財保険 300万円 数千円

建物賠償保険 1億円 数千円

〇〇万円の保険料は無駄です。

家財保険と建物賠償保険(借家人賠償責任保険)で十分です。

だって所有者ではないのに建物に保険かけてどうするんですか?

例えば、この友人のシェアハウスに私が保険をかけた場合

そのシェアハウスが火事になってしまった時

私は保険金もらえると思いますか?

言い方変えると、保険会社は所有者でもない赤の他人に保険金払いますか?

当然 所有者である事を証明する必要がありますよね

また所有者と言って加入していれば虚偽告知なので保険金一切もらえない

ただ保険金払って万が一の時にも保証してもらえないです。

ゼネラリストなファイナンシャルプランナー として、色々な情報を書いていきますので

是非良かったら読者登録お願いします。

そして、いいな と思ってくれたらSNSでシェアお願いします。

 

 

 

 

 

 

人気ブログランキング

お問い合わせ ご相談はこちら  

関連記事

  1. りそな銀行 マネーの知っとく塾

  2. 私達が年金を貰う時の社会保障給付は大丈夫かな?

  3. まとまったお金があったら投資を始めると言う人

  4. 59歳教育費で貯蓄ゼロ。住宅ローン残債が2000万円

  5. 生命保険について、あなたが知っておくべき事!

  6. 通信費 削減しましょう

  7. 継続雇用70歳 消費税増税 キャッシュレス 2%還元 外国人労働拡大 …

  8. ダチョウにならないで!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

ランキング 応援クリックお願いします

お問い合わせ ご相談はこちら

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう