あなたのお子さんの教育費いくら必要か知ってますか?

あなたのお子さんの教育費いくら必要か知ってますか?

教育費の平均額です。

全て 公立 約800万円
小学校から私立 約2200万円
中学校から私立 約1500万円
高校から私立 約1100万円
医学部ですとプラス 約2000万円

お子さんの可能性を潰さない為に、しっかりと準備がオススメです。

あくまで平均額ですので、これ以外に海外留学や英会話やスポーツクラブなども必要かもしれないです。

※子供の学習費調査(文部科学省 平成28年度)より抜粋
幼稚園 公立 私立
年少 21.0 48.0
年中 21.2 43.9
年長 26.0 52.7
3年間 合計 68.2 144.6
小学校 公立 私立
1年 34.3 184.3
2年 27.1 127.6
3年 28.9 136.6
4年 31.1 146.4
5年 34.5 155.7
6年 37.5 165.9
6年間 合計 193.4 916.5
中学校 公立 私立
1年 46.9 157.2
2年 39.3 115.7
3年 57.1 125.1
3年間 合計 143.3 398.0

 

高校 公立 私立
1年 51.7 127.6
2年 47.2 97.6
3年 36.3 85.8
3年間 合計 135.2 311.0

 

学校授業料の他に、塾代等の学校外教育費も含む

大学 入学金 授業料 施設設備費 4年間合計(医学部・歯学部は6年間)
国立大学 28.2 53.6 242.6
私立大学文系学部 23.5 75.9 15.7 389.9
私立大学理系学部 25.6 107.2 19.1 530.8
私立大学 医歯学部 101.3 289.7 88.3 2369.3
私立大学 その他の学部 26.6 95.5 23.4 502.2
全平均 25.3 87.8 18.6 450.9

※国立大学は、「国立大学等の授業料その他の費用に関する省令」(文部科学省)より

私立大学は、「私立大学入学者に係る初年度学生納付平均額(文部科学省 平成28年度)」より

奨学金破産の連鎖で一家破産!?

奨学金を借りている大学生は今や2人に1人。しかし、奨学金を借りても返せない人が増加、自己破産にまで追い込まれるケースが累計1万件以上にのぼっている。
親に頼れず、あるいは親に迷惑をかけずに学びたいと借りたはずの奨学金。なぜ、社会のスタートラインに立ったばかりの若者たちが「自己破産」という重い十字架を背負うことになってしまうのか。
続きはこちら クローズアップ現代から抜粋

 

可愛いお子さんの将来を守るのも親の役目です。

生命保険でもしもの時に備える

オフショア投資で教育費 老後資金を準備する

人気ブログランキング

お問い合わせ ご相談はこちら  

関連記事

  1. 政府が年金など公助の限界を認めた!!

  2. 子供の教育費 準備方法

  3. 親の経済的事情で、子供の夢 可能性を潰したくない人 見て欲しいです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

ランキング 応援クリックお願いします

お問い合わせ ご相談はこちら

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう