可処分所得を増やそう

可処分所得とは
一言で言えば 手取りです

実収入から、税金や社会保険料などの非消費支出を差し引いた
手取り収入を、「家計が自由に処分することができる所得」という意味です。

可処分所得の増やし方は2パターン

①総収入を増やす
源泉徴収票の支払金額です。

会社で言えば売上ですね

当然 収入の分母を増やせば可処分所得は増えますが
税金も増えます。



②控除を利用する

控除は会社の経費みたいなものです。

サラリーマンも控除を利用する事で可処分所得を増やせます。

※実際には支払ったものが還付(戻ってくる)されます。

控除の種類 所得控除は14種類

基礎控除 対象:所得のある全ての人
控除金額:誰でも38万円
配偶者控除 対象:所得が38万円以下の配偶者がいる人
控除金額:38万円(配偶者が12月31日時点で70歳以上の場合は48万円)
配偶者特別控除 対象:所得が38万円超76万円以下の配偶者がいる人
控除金額:配偶者の所得に応じて段階的
扶養控除 対象:”所得が38万円以下で16歳以上の親族”を扶養している人
控除金額:扶養される人の年齢によってそれぞれ決まっています
障害者控除 対象:障害者または障害者を扶養している人
控除金額:障害の程度によって決まっています
寡婦控除、寡夫控除 対象:寡婦である人、寡夫である人
控除金額:27万円または35万円
勤労学生控除 対象: 勤労学生である人
控除金額:27万円
雑損控除 対象:災害、盗難、横領などによって、個人資産について損害を受けた人
控除金額:「損害金額の合計」+「関連したやむを得ない支出の金額」-「保険金などにより補填される金額」-「総所得金額の10%」
医療費控除 対象:医療費が年間10万円を超えた人
控除金額:「医療費の合計額」-「保険金などの補てん金額」-「10万円または所得の5%」
社会保険料控除 対象:社会保険料を納めた人
控除金額:その年に実際に支払った金額の全額
生命保険料控除 対象:生命保険の保険料を納めた人
控除金額:加入時期や保険料、保険の種類によって決まっています
小規模企業共済等掛金控除 対象:小規模企業共済等の掛金を払った人
控除金額:支払い金額の全額
地震保険料控除 対象:地震保険の保険料を納めた人
控除金額:支払い金額の全額(上限は5万円)
寄附金控除 対象:特定の寄附をした人
控除金額:寄附金額(所得の40%が上限)-2,000円

10年間で最大400万円。
住宅ローン控除(住宅ローン減税)が効果大

上記の取得控除は、所得税の額を減らす控除ですが
住宅ローン控除は、支払った所得税 住民税 が年末調整で還付される制度です。

※初年度は自分で確定申告が必要

住宅ローン控除とは、年末の住宅ローン残高の1%が確定申告で戻ってきます。

控除期間 10年間
控除率 1%
住宅ローン残高 4000万円

簡単に言えば
毎年 住宅ローン残高の1%が10年間返ってきます。

ただし、その金額は納付した所得税 住民税が上限になります。

毎年40万円以上の所得税 住民税を払っていない人は40万円が貰える訳ではありません。

年収600万円以上の方ですと400万円の恩恵が受けられます。


生命保険控除 
小規模企業共済等掛金控除
地震保険料控除
寄附金控除

この控除も支払った金額(上限あり)が控除されます。

生命保険控除と地震保険控除は、加入している保険金が控除されます。
(上限あり)

小規模企業共済等掛金控除
これは
小規模企業共済(個人事業主の退職金)
個人型確定拠出年金(ideco) の掛金が控除されます。

サラリーマンですと、ideco の掛金ですね

idecoの掛金は職業により上限が異なります。

最低 月 5000円 1000円単位

上限

自営業者 
毎月 68,000円 年間 816,000円

専業主婦(夫) 
毎月 23,000円 年間 276,000円

公務員
毎月 12,000円 年間 144,000円

会社員(企業年金がない場合)
毎月 23,000円 年間 276,000円

会社員(企業型確定拠出年金のみに加入している場合)
毎月 20,000円 年間 240,000円

会社員(確定給付企業年金のみに加入している場合、確定給付企業年金と企業型確定拠出年金の両方に加入している場合)

毎月 12,000円 年間 144,000円

この金額が所得税から控除されます。

ただしidecoのデメリットもありますのでその点を理解してご加入下さい。

寄附金控除
これはふるさと納税 ですね




まとめ

とってもお得なのは住宅ローン控除

idecoや生命保険料 地震保険 ふるさと納税 などは

利用するならしっかり申告すればその分はお得になります。

ただ節税の為にidecoに入るなどは、少し違います。

木を見て森を見ず

「小さなことにとらわれ、全体を見渡せていない」という意味になります。

トータルで判断されることが重要です。