不動産広告サイトの約50%はおとり広告です。

不動産広告サイトの約50%はおとり広告

少し前のニュースですが

賃貸住宅市場、半分が「おとり物件」の衝撃

 

以前 私が重要説明 契約の仕事をしていた イタンジ さん が調査をした結果

1年間で延べ4万1057件の物件を確認した結果

全体の50.08%が「成約済み」物件で、借りることができない状態だったことが分かった。

リクルートが運営する「SUUMO(スーモ)」43.69% がおとり物件でした。

騙されるのは情報弱者(><)

テレビでよく見る 大きな会社だから大丈夫でしょう

そもそも不動産の商品 物件は1点物 です。

そして、ナマモノです。

いつまでも残っている訳ありません。

冷静に考えて下さい。

とても条件の良い 物件 が 広告掲載される時まで残っていると思いますか?

ちょっと変なたとえですが

採れたての魚 を写真撮ってメルカリに載せて売りますか?

魚は市場に卸して、卸業者やお店が仕入れて、店頭に並んだり料理されますよね

条件の良い物件が広告に載っている事自体 怪しいのです。

不動産会社の集客は、基本的に物件をインターネット広告に出して

そこからの問い合わせ 問い合わせがあっても実際に来店 契約にならないと売上になりません。

おとり広告は良くない事だと分かっていても、やめられないのが不動産業会なのです。

不動産会社は昔

せんみつ屋 1000回に3回くらいしか本当の事を言わないと言われてました。

私も不動産屋ですが、変な業者さんはとても多いです。

ちょうど今日もお客様から問い合わせのあった内容を確認した時

私:〇〇青山の1階の物件ですが、路面に面していますか?

業者:していません。 (食い気味に )

もう良いですか? 

ガチャガチャ とガチャ切り

お客様には、この物件がどんなに良くても

この管理会社は対応悪いのでやめましょう とアドバイスしました。

他のお客さんの物件を探している時も、同じ物件のはずなのに

いろんな業者が書いてある事がバラバラ ㎡数も 駅からの距離も微妙に違う

いろんな会社がありますが、私は依頼してくれたお客さんの利益を一番に考えて提案します。

賃貸物件は基本的に、私が対応するのは友人と紹介のみ ですが

不動産のお仕事を手伝ってくれているエージェントがいますので対応可能ですので

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

人気ブログランキング

お問い合わせ ご相談はこちら  

関連記事

  1. 不動産サービス

  2. 投資用 新築マンションは買うな!

  3. 大手の会社だから安心?

  4. 賃貸VS購入 は老後どうするかで決まる!!

  5. ワンコイン不動産投資 1日500円って大丈夫?

  6. なんで仲介手数料無料なの?

  7. ギリギリでも間に合う 宅建士に合格する方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

ランキング 応援クリックお願いします

お問い合わせ ご相談はこちら

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう