なんで仲介手数料無料なの?

こんにちは 不動産コンサルタント 西山です。

不動産購入する時

必要なのが諸費用です。

諸費用は物件価格の6〜10%くらい 必要です。
大きな金額は
★仲介手数料・・・物件価格×3%+6万円+消費税
★銀行保証料・事務手数料・・・借入金額の約2%(金融機関により異なります)

★登記費用

★火災保険
この4つが諸費用の大半を占めています。

他には契約時 印紙代 固定資産税 管理費等の清算金 などです。

例えば、3000万円の物件を購入する場合

仲介手数料 103万6800円

保証料 借入3000万円として約60万円

銀行事務手数料 32,400円

登記費用 約35万円

火災保険 約30万円

印紙代 売買契約書 1万円(軽減税率)金銭消費貸借契約書 20,200円

清算金 10万円

諸費用合計 約250万円

諸費用の約半分が仲介手数料です。

弊社は仲介手数料を無料 もしくは半額で対応します。

よく なんで仲介手数料 無料なの??
それじゃあ タダ働きじゃないの?

仲介手数料を無料に出来るのは、こんなケースです。

仲介手数料は、売主さんからと買主さんから支払われます。
業界用語?で両手取引 両方から手数料の取引 になります。

他に片手取引 片方(売主か買主)からしか手数料がもらえない取引

あんこ取引 間に他の会社を挟む取引 もあります。

仲介手数料を無料に出来るのは、売主さんから手数料がもらえる

両手取引の場合 無料で対応しています。

主に、新築戸建て・中古の戸建・マンション リノベーション済み物件が対象です。

もしポータルサイト SUUMOやHOMESなどで見つけた物件が仲介手数料が無料になるか?
などありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ ご相談はこちら

 

人気ブログランキング

お問い合わせ ご相談はこちら  

関連記事

  1. 通信費 削減しましょう

  2. りそな銀行 マネーの知っとく塾

  3. 2018年 8月 住宅ローン金利

  4. ダチョウにならないで!

  5. 9月 住宅ローン金利

  6. ギリギリでも間に合う 宅建士に合格する方法

  7. 子供の未来を潰すのは親のリテラシー不足

  8. 安倍首相インタビュー「生涯現役」 3年で改革

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

ランキング 応援クリックお願いします

お問い合わせ ご相談はこちら

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう